自撮り棒で写真を可愛く撮るコツ

2ee6af1e8f1f139e47fec744aca700ba_s

2自撮り棒を使って撮影された写真を見て、「わたしもこんな綺麗な写真が撮りたい!」と思う人も多いんじゃないでしょうか?

何となく撮っても上手く撮れるのがセルカ棒のいいところですが、思い出に残すならできるだけ可愛く撮影したいと思っている人も多いはず。

そこで、自撮り棒を使って自分撮りする時のコツやポイントについて紹介させていただきます。

スポンサーリンク

自撮り棒で記念写真を可愛く撮るための5つのポイント

34390ff3b67c6216dba5df4d755dbbc2_s
1 背景をしっかり入れる

背景が大きく入るというのは自撮り棒で撮影する大きなメリットです。特に景色が良いところや夜景がきれいな場所での撮影はしっかり周りが入るように撮ることで、いい写真が撮れるようになります。

2 斜め上から撮り、目だけを大きく見開く

可愛く自分撮りするコツはやっぱり目を大きく見せることですよね。 上から写真撮影ができるというメリットを生かして目だけを大きく見開き、上向きにすることで簡単に可愛く撮れるようになります。この時に真正面からではなく、斜め上から撮るというのが可愛く撮るためのちょっとしたポイントになります。

3 手ぶれしないようにする

これはセルカ棒のデメリットでもありますが、最大で1m近くに伸びるのでやっぱりぶれやすいという意見もあります。なので、できるだけ手ぶれしないように撮影できる状態になってから手をあげて撮影に入ることがポイントです。女性の場合は長時間腕を上にあげているのはしんどいので、なるべく撮る直前に撮影体制に入りましょう。

4 逆光にならないように気を付ける

逆光になると、どうしても顔が暗くなってしまい、表情が分からなかったり、老けて見えてしまいます。できるだけ逆光は避け、顔色が良くなるように撮ることがポイントです。

5 画像編集のアプリなどを活用する

例えばFacebookやLINE、Twitterにアップしたいという時に、「この写真だとなんか少し顔が暗いんだよな~」と思う時もありますよね。こういった時には画像編集のアプリなどを使って加工してしまうというのも1つの手です。アプリを使えば顔の明るさなども変えることも可能なのでしわも目立たなくなりますし、年齢も10歳くらい若く見せることも可能です。

自撮り棒は誰が使ってもけっこう簡単に綺麗に撮れますが、 このようなことに気を付ければもっと可愛く撮ることができるようになるので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


iHkXYUUn

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る