自撮り棒(セルカ棒)のおすすめ。買うならコレ!

2c7577a9c0a7a83dc1351feaabf29c5f_s

色々な商品を見たけど、違いもそんなに分からないし、種類がありすぎて迷ってしまう人も多いんじゃないでしょうか?

実際、楽天やamazonで「自撮り棒」や「セルカ棒」と検索するとかなりの数が出てくるのでどれが良いのか決めかねますよね。

そこで個人的に買うならコレだよ!というおすすめの自撮り棒(セルカ棒)について紹介します。

スポンサーリンク

中でも一番のおすすめはKeyniceの自撮り棒です。
メダル01

Keynice スマホBluetooth自撮り棒 セルフィースティック 技適マーク取得 日本語説明書 リアミラー搭載 シャッター内蔵 Monopod iPhone6 plus 6 5C 5S 5 4S 4,Galaxy S2/3/4/5, Note 2/3/4対応(ブラック)

 

この自撮り棒のおすすめポイントはまずは技適マーク取得済みのものであるということ。
そして対応機種が多いので、多くの方のスマートフォンに対応できるといういことも個人的には評価が高いです。
ものによってはiPhoneしか対応していないというようなセルカ棒もあるので、使える機種が多いというのもわたしがおすすめするぽいんとですね。
そして、リアミラーも付いているので、アウトカメラを使って撮影することもできます。
せっかく写真を撮るなら画質のいいもので撮りたいですからね。

 

そして次におすすめするのがイヤホンジャックでつなぐタイプの【撮るエモン】です。
メダル02

スマホ自撮り棒(セルフィースティック)最新モデル【撮るエモン】Bluetoothよりも簡単便利☆技適マーク不要、設定不要、充電・電池不要、手元でワンタッチ撮影 国外使用可能 自撮り一脚 カメラ一脚


このセルカ棒のおすすめポイントはbluetoothの設定をする必要が無く、ただスマホとつなげるだけで使えるということです。
個人的にはbluetoothもイヤホンジャックも手間はそれほど変わらないとは思いますが、こちらのタイプは誰でも簡単に使えると思います。
このタイプは充電する必要もないので、メンテナンスが非常に楽ですね、ここはかなりポイントが高いです。
それにヘッドの可動域も広いので、横撮り以外にも、縦撮りで固定させることもできます。
色々なアングルから撮れるので、楽しんで使えるんじゃないでしょうか。

 

そして最後に紹介させていただきたいのが米国ルーク社製のlooqです。
メダル03

looq 簡単自撮り棒 iPhone/Andriod対応 「Bluethooh」「Wi-Fi」「電池」不要 Looq 2G

 

このセルフィースティックのおすすめポイントはまずは何と言ってもデザインがカッコいいことです。
それにbluetoothや充電機能を使用しないので、使い方も簡単ですし、メンテナンスも特に要りません。
長さは60㎝とそこまで長くはなりませんが、その分折れる確率も減りますし、手ブレもしにくくなるメリットもあります。
looqは他の自撮り棒と比べると少し値段が高いですが、安いものを買ってすぐに折れてしまったという人もいるので、壊れてしまって2回、3回買うくらいならしっかりしたものを長く使うことをおすすめします。
ちなみにわたしが持ってるものはコレですが、なるべく安く買いたいと思っている人もいると思うので3位にさせてもらいました。

自撮り棒の価格帯は大体800円程度~5000円程になります。
個人的に安すぎるものというのは製品自体の質も問題がある可能性もあるのであまりおすすめはしませんが、それぞれのお財布事情もあると思うので、値段も性能も納得できるものを選んでくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る